U-17 ワールドカップ地区予選 概要
名称

コンカカフU-17チャンピオンズシップ
コンカカフU-17トーナメント

主催
コンカカフ(CONCACAF、北中米カリブ海サッカー連盟)
歴史

1983年に始まった。1985年からは上位2ヶ国がU-17ワールドカップに出場。1999年から2グループ各4ヶ国が2ヶ所でリーグ戦をやる形式に。2005年のW杯でメキシコが優勝したことで、2007年はコンカカフ枠が4つから5つに増えた。そこで、グループAは4ヶ国、グループBは5ヶ国の参加とし、それぞれから上位2ヶ国と3ヶ国がW杯出場権を獲得するように。
2009年からはまた8ヶ国、W杯参加枠は4つに。

参加チームと資格

北米(カナダ、USA、メキシコ)はシード参加。
中米は地区予選により3枠カリブ海地区も予選を行い、2枠
合計8ヶ国(もしくは9ヶ国)。

開催国

コンカカフ加盟国のうち一ヶ国。
(2007年までは二ヶ所で開催されていた)

開催時期
U-17W杯開催の年(2年ごと)
優勝すると……

グループA上位2国、B上位3国がU-17ワールドカップ出場。
コンカカフの出場枠は4(2007年のみ5枠)

過去の大会データ

コンカカフ公式サイトのここ。過去のデータも揃っているようです。

最新の試合形式

8ヶ国ないし9ヶ国が2グループに分かれて総当たり。
各グループの上位2ヶ国がトーナメントで準決勝戦と、決勝戦、三位決定戦を行う。
(2007年まではトーナメント戦はなしだった)

試合に関する規定

(今のところ特になし)

公式サイト
コンカカフ公式サイト

サイト管理人:
浦島の亀

サイト運営:
2007年より

inserted by FC2 system