インテルリーガ 概要
ロゴ
logo_interliga.gif(24407 byte)
名称
インテルリーガ(Interliga)
主催
フェメックス(FEMEX 、メキシコサッカー協会)
歴史

2010年まで、毎年開催。リベルタドーレス杯に出場するメキシコチームを決めるための予選。

前身はプレ・リベルタドーレス杯 (スペイン語ウィキペディア)として、1998年からメキシコとベネズエラのチームで行われていた。

リベルタ杯は本来コンメボル(南米)の各国リーグの勝者が参加するものだが、メキシコの場合それに相当するクラブはコンカカフチャンピオンズカップに出場しなければならない。そこで、リベルタ杯参加チームを決定するために行われるようになったのがインテルリーガ。

2004年からはリベルタ杯メキシコ枠が2つ(2005年からは3つ)とされて、ベネズエラチームと対戦する必要がなくなり、メキシコチームのみによるインテルリーガとなった。

2010年を最後に廃止。リベルタ杯出場チームは国内リーグの成績のみで決まることに。

参加チームと資格

2009年から規定が変わって、直前のシーズン(X年のインテルリーガには(X−1)年開幕シーズンのみ)の成績で、コンカカフチャンピオンズリーグに参加する4チームを除いた上位8チーム
メキシコ第1枠は直前シーズンのスーペルリーデル(コンカカフに参加しない場合)が直接入る。

2008年までの参加規程:
リベルタ杯第1枠についてはメキシコの2チーム(ただしインテルリーガとは別扱い)。(X−2)年閉幕シーズンチャンピオンと(X−2)年開幕シーズンチャンピオンがホームアウェイで対戦して勝ったほうが獲得。
リベルタ杯第2枠と第3枠についてはメキシコの8クラブ(これがインテルリーガ)。
前シーズン(つまりX年のインテルリーガには、(X−2)年開幕シーズンと(X−1)年閉幕シーズン)をトータルして18クラブを勝ち点順に並べ、コンカカフチャンピオンズカップに参加する2チームを取り除いた、上位8チーム。
(X−1)年開幕シーズンの順位も関わってくるので、ややこしいが、要はコンカカフチャンピオンズカップ優先で、それにあぶれたチームだと思えばよい、かな?

開催国

チームはメキシコのみだが、開催地はアメリカ合衆国。審判団はアメリカ人。観客は米国在住メキシコ人だな。

優勝すると……

上位2チームがリベルタドーレス杯に出場の権利(メキシコ2枠と3枠)を獲得。ただしあくまでもコンカカフチャンピオンズカップに出場しない場合のみ。出場する場合は順次繰り上がり。
メキシコ3枠(インテルリーガ準優勝)のチームはリベルタ杯には予選から参加。

過去の大会データ

ウィキペディア「インテルリーガ」へのリンク (スペイン語)
無意味にカラフルだが(チームカラーなのはわかるが)、各年のDetalleをクリックすると詳細に。

最新の試合形式

8チームが4チームずつ2グループ(AとB)に分かれて、リーグ戦。
各グループの上位2チームがさらに、A1対B2、A2対B1の組み合わせで対戦し、それぞれの勝者がメキシコ2枠と3枠に。総合勝ち点が多いほうが優勝、リベルタ杯第2枠となる。

試合に関する規定

順位の決め方は、勝ち点、得失点差、それから直接対決の結果。
その他の規則はおおむねメキシコ国内リーグに準ずるんじゃないかと。

イエロー二枚累積で出場停止。

公式サイト

インテルリーガ公式サイト【スペイン語英語

サイト管理人:
浦島の亀

サイト運営:
2007年より

inserted by FC2 system