2010年 二百周年(閉幕)シーズン
優勝・準優勝チーム

トルーカ

スーペルリーデル

モンテレイ

得点王

エルクレス・ゴメス(プエブラ)、ファーノ(アトランテ)、ハビエル・エルナンデス(チバス)10ゴール

リギージャ進出(総合順位順)

モンテレイ、チバス、トルーカ、プーマス、サントス、アメリカ、モレリア、パチューカ

降格

インディオス(第12節で決定)

覚え書き

sikaku06.png(213 byte) 第2節が終わった翌日の2月25日(月)、アメリカのパラグアイ人ストライカー、サルヴァドール・カバーニャスがピストルで頭を撃たれて重傷という事件が起こった(SIKAKU06.PNG - 213BYTES SIKAKU06.PNG - 213BYTES)。
sikaku06.png(213 byte) チバスがこのシーズン第1節から8節まで8連勝の記録を更新。しかし第9節目に、ここまでそんなに調子のよくなかったハグアレス(ここまで勝ち点4、グループ最下位、総合でビリから二番目)に4−0というスコアで敗北。
sikaku06.png(213 byte) 第11節から第14節は、管理人が旅行中だったためレポはなし。
sikaku06.png(213 byte) 南アフリカワールドカップ直前の合宿に招集された選手たちは第14節から国内リーグには不参加。
sikaku06.png(213 byte) リベルタ杯とコンカカフCLの日程とかぶるため、リギージャ準々決勝は週日ではなく週末二回に変更(sikaku06.png(213 byte))
sikaku06.png(213 byte) リギージャ準決勝のサントス対モレリアが、第一戦は3−3と引き分けたのに、第二戦でなぜかモレリアが大コケ、7−1(総合10−4)という歴史的スコアでサントスが勝利。

監督交代
サンルイス シーズン前 ミゲル・アンヘル・ロペス(辞任) イグナシオ・アンブリス
アトラス シーズン前 リカルド・ラボルペ(契約切れ) カルロス・イスチア
サントス シーズン前 セルヒオ・ブエノ(解任) ルベン・オマール・ロマーノ
ハグアレス 第4節後 ルイス・フェルナンド・テナ(解任) パブロ・マリーニ
シーズン後 (解任) ホセ・グアダルーペ・クルス
インディオス 第8節後 ホセ・トレヴィーニョ(解任) ガビーノ・アンパラーン
アトランテ シーズン後 ホセ・グアダルーペ・クルス(辞任) レネ・イシドロ・ガルシア
マリオ・ガルシア(二人監督)
ケレタロ シーズン後 カルロス・レイノーソ(解任)
アメリカ シーズン後 ヘスス・ラミレス(解任)
プーマス シーズン後 リカルド・フェレッティ(辞任) ギイェルモ・ヴァスケス・Jr
ティグレス シーズン後 ダニエル・グスマン(辞任) リカルド・フェレッティ

サイト管理人:
浦島の亀

サイト運営:
2007年より

inserted by FC2 system